手放したもの

f:id:mikazukiya:20180507075602p:plain

 

おはようございます、mikaccoです。

 

17㎡の部屋に引っ越したのはいいけど、30㎡→17㎡ってざっくり面積半分になってるけど、果たしてモノは入ったのか?と疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

 

当然ですが、入りません。

 

内見で図った寸法を元に縮尺を合わせて図面をつくって、家具配置シュミレーションを行いました。そして、そこで「入らない」と判断したものはすべて処分しました。

 

引っ越しの際に手放したものリスト。

 

30㎡→17㎡

・TV

・TVボード

・無印の本棚(トール型)

・無印のテーブル

IKEAの押し入れ収納×2個

・洋服ラック

・カラーボックス×2個

・姿見

・客用布団

・客用座布団

・専門学校時代の作品の大半

 

※手放したものの中でも特にTVは生活に与える影響が大きかったので、この話はそのうちUPしたいと思います。

 

引っ越してきたときには20箱以上あった荷物も、10箱程度に抑えるため、洋服や本も手放しまくりました。

 

荷造りしてると、始めは余裕に思えるんです。「10箱あるから、キッチンで2箱、洗面浴室で2箱、本と小物で3箱…」と最初に箱の割り振りを考えてから荷造りを始めるのですが、とてもそれでは収まらない。

自分がいかにモノを持っているかということを痛感しました。「引っ越すつもりで自分のモノを点検する」というのは、モノとの付き合い方を考えるうえでとても良い訓練になるなぁと思いました。(私は実際に引っ越しましたが、たとえ引っ越さなくても。)

 

 

そして、この引っ越しを経て決心したことが一つあります。

それは、「収納家具を今後一切買わないこと」。

 

お気づきでしょうか?手放したもののうち、大半が「収納家具」であることを。モノを整理していくと、いちばんいらなくなるのが収納家具なんです。あと、収納の中に収納をつくるトレーとか。

収納用品を購入するのは、モノとの付き合い方が決まって最後の最後に購入するのが良いです。その場しのぎで購入してしまうと、「その収納家具ありき」でモノの量を決めてしまうので、つい持ち過ぎてしまう。

 

そして、収納家具というのは手放すときにお金がかかります。

私は、上記のうち大物(TVとかTVボードとか収納家具)は、リサイクルショップの引き取りサービスを利用しました。その際、「IK●Aの家具は値段がつきません」ということをはっきりと言われました。当然、粗大ごみで出したら有料ですから、引き取っていただけるのはありがたかったので「それでよいです」とお願いしましたが・・・。

 

手軽に買えるチェーン店の収納家具はとてもありがたいですが、それを処分するときには購入したときの半額~同じくらいの金額がかかるということも学びました。購入するときには処分のためにいくらかかるか?というコストも考える必要があるし、それらを使い倒せるのであれば購入する価値はありますが、大して使わないモノをしまっておくだけなら、二重三重にもったいないことであるなぁ、と痛感しました。

 

ちなみに、引っ越して約3か月経過しますが、収納家具はまだ購入していません。

 

※・・・・と言いながら、今、買おうかすっごく迷ってるのがあるんです。(ボビーワゴンの限定色がツボすぎて・・・)

 

今、デスク上にペン立てとか読んでる本、使いかけのノートなどを置いているのですが、すっきりさせたい欲が出てきました。(元々、ボビーワゴンは検討していたのです。そこにツボな限定色が・・・商売ってこういうことですね。)

ベッドのサイドテーブルも今トランク(!)だし、小物を一元管理できる収納はあっても良いのではないかと…。

でもこれくらいの容量ならそもそもモノを減らせばどこかに収まるんじゃないかとも思ったり。

そんなこんなでここ1か月、葛藤しています。

 

手放したもので始まったのに欲しいもので終わるって・・・私ってやっぱり欲が深いんだなぁ。