TVを手放して変わったこと

f:id:mikazukiya:20180508090828p:plain

おはようございます、mikaccoです。

 

昨日の記事でも書きましたが、今の17㎡の家にはTVがありません。

TVを手放すに至った経緯はこちらをご覧ください。

kurashi17m2.hatenadiary.jp

 

 

今日はTV無し生活を始めて3か月、今感じていることを書きたいと思います。

 

良かったこと① 受け身の時間が無くなった

TV無し生活を始めて1週間くらいは、正直気が狂いそうでした。それまでは、朝起きてはTVをつけ、家に帰ってはTVをつけ、とにかく家にいる間はずっとTVをつけているような生活でした。

しーんとしているのが耐えられない。

そこでどうしたかというと、YouTubeで動画を観たり、NHKオンデマンドの見逃し見放題パックに入って、パソコンで動画を見るようになりました。

 

「それってTVを観るのと一緒じゃない?」と思われるかもしれませんが、違うんです!

TVはスイッチを入れれば自動的に流れますが、動画は「自分で探して」「選んで」「再生ボタンをクリック」しないと流れません。

そこに、自分の意思が必要となります。

現に、なんか動画を観ようかな~と探して、ピンとくるものがない場合は、動画を観るのをやめて別の事をすることが多くなりました。

だんだんと、「自分の意思で行動する時間」が増えていったんです。

 

 

 

良かったこと②部屋の間取りを自由に決められる

部屋の間取りを考えるとき、一番初めに考えるのは「大物」の配置。ワンルームならまずベッド、次にTVというのが一般的でしょう。TVは窓側にアンテナ線が配置されていることが多いので、必然的に窓側かつ壁面という、良い位置に置くことが多くなりますよね。

まあ、ベッドは分かります。「私が」心地良く睡眠を取るために、良い位置(部屋の奥とか窓際とか)にいてもらいましょう。

でも、次がTVって・・・次は「私」だろ!と思うわけです。

私はTVの上で(中で)過ごすわけではない。「家にいるときに、私がいちばん居心地よく過ごせる場所」が2番目でしょう!と。

広い部屋だったら分かります。TVとソファを1セットにして心地良いところに配置すればよいのです。でも17㎡にはそんな余裕はありません。それに、TVというのは画面から●m離れたところで観ましょう、という推奨距離があります。私が持っていた32型液晶TVの場合、1.2メートルです。TV自体の大きさに加えて、この1.2メートルを確保すると、ほぼ「TVを観るための部屋」になってしまう・・・。給料の1/3を持って行かれるこの部屋が、TVを観るための部屋?私はTVを観るために会社で働いてるわけではない!

TVが無いと、家具配置が楽です。「自分が過ごしたい場所」にお気に入りのデスクとイスを置いて、そこでこうしてブログを書いたり、本を読んだり。カフェに行かなくても家で心地よい時間を過ごすことができます。たとえ17㎡でも。

 

 

良かったこと③ TVで流れていることの大半は私の人生に関係ない、と気づけた。欲しい情報は自分で取りにいく。

 

初めのうちは、TVを観なくて世の中の流れについていけるのかな?と心配で、NHKオンデマンドでニュースだけは観るようにしていました。でも…ニュース番組で流れていることって、大半私の人生に関係ないこと、なんですよね…。そして、TVを観ただけで「知った気」になることもこわい。物事を知るには、やっぱり「自分で情報を取りにいく」ことが必要なんじゃないかと、今考えています。

TVを観なくなったことで、本を読む時間がものすごく増えました。同じ1時間を過ごすなら、TVを観るより本を読むほうが、今のところ私にとっては得られる情報が多いし、心地よい過ごし方だな、と思っています。半年、1年でまた変わることがあるかもしれないので、それはブログの中で書いていきたいです。

 

 

あ、でも天気予報だけはみた方がいいかなぁ・・・洋服のチョイスを良く間違えるんです。(そしたら先輩が「おしゃれ天気」っていうアプリを教えてくれて、迷う日はこれをみるようにしています。)今日は何着ていけばいいんだろう・・・おしゃれ天気によると、セーターやカーディガン+αとのことです。(便利!)

 

では、そろそろ会社に行ってきます!