「寝るのがもったいない」とは何だったのか

おはようございます、mikaccoです。

#朝渋 に参加して2日経ちました。

「22時に寝て5時に起きたら7時間睡眠」という5時こーじ @kojijico さんの名言に共感し、22時就寝を2日間行いました。

 

体調、めっちゃ良い。

 

今日なんて5時どころか7時まで寝ちゃったから10時間睡眠ですよ。小学生か。

 

私は今まで、「早く寝ちゃったらなんかもったいない」と思って、日が替わるくらいまでなにかしら起きてました。ブログを書いたり、本を読んだり、動画をみたり。

夜ってやろうと思えば「時間無制限」なので(本当は違うんだけど)、ちょっと油断すると1時を過ぎてしまったりということもよくありました。(当然、翌日は睡眠不足で眠い。)

 

でも、「22時にベッドに入る」と決めると、逆算して動くようになるので、「やらなければいけないこと(食事、お風呂、洗濯等)」をちゃきちゃきと進められるようになります。そしてさーっと寝る!

22時にベッドの中にいる気持ちは、一言でいうと「めちゃ贅沢!」です。さすがにすぐは寝付けません。そこでヨガっぽいポーズを取ってみたり、深呼吸したり、「体との対話」っぽいことをしています。(左肩凝ってるな~、とか気づく)

そんなことをやっているうちにいつの間にかスヤスヤ・・・。

 

そして朝。

朝はいいですよ~。静かだし、頭はスッキリしてるし。集中するからか、「あれ、まだこんな時間?」と思うくらい、時間がゆっくり流れます。

あと、朝のほうが好きなモノを罪悪感なく食べられます。夜食べると太るって言うじゃないですか。あれを朝に食べたらなんか許される気がする。(早寝とは別件で、1週間前くらいからダイエットを始めたのですが、すでに1.5kgくらい痩せました。無関係ではない、と思う…!)

お肌の調子もなんかいい感じですし。

 

結論。22時就寝、続けます!

 

今日も20時まで仕事の予定ですが、私は22時に寝ますよ~!